英語ができないと感じる日本人は多く、英語コンプレックスや英語アレルギーは、すぐになくなるものではない。正しい発音と文法で、自分が思ったことを正確な英語にしないと通じないと思い込み、なかなか一歩が踏み出せない人もいる。
自分のビジネススキルに自信があるなら、英語のできるできないに関わらず、世界に飛び出してみるべきだろう。
海外は能力や成果ではっきり評価される場所であり、自分の実力を試すチャンス絶好の場だ。
日本人の成功者全員が最初から英語を堪能に話せたわけではなく、成功者になった今でもキレイな英語を話せるわけでもない。海外で仕事をするにあたり、英語力はそれほど関係ないのだ。
ネイティブに近い英語力を身に付けようと思ったら、4000時間の勉強が必須という試算がある。しかし、ビジネスの場に限定すれば、相手の発言を理解したり思いを伝えたりするだけの英語は、そんなに膨大な時間を掛けなくても習得できる。
最初は、事業や経歴、専門分野を英語で話すことから始めてみるべきだろう。仕事に関するキーワードをいくつか繋げただけのブロークンな英語でも、案外通じるものだ。
現地に着いてから仕事と並行して語学学校で学ぶ方法もあり、同僚とのコミュニケーションを通して英語力はアップしていく。1年も経験すれば、十分自信を持って英語を話している自分に気付くだろう。
一番大事なのは英語ではなくビジネスの能力であるため、キャリアや専門性をしっかり磨いておくことが重要だ。